パーキンソン病を菜食で予防&治療

「キュウリとトマトを1日に一個ずつ食べて下さいね」・・・pharmacyファーマシー(薬局)とfarmacy(農場)をかけて・・・
「キュウリとトマトを1日に一個ずつ食べて下さいね」・・・pharmacyファーマシー(薬局)とfarmacy(農場)をかけて・・・

パーキンソン病を菜食で治療する。

動物性脂肪や動物性たんぱく質がパーキンソン病を引き起こすという研究。

食物繊維の摂取も効果あり。玄米食や、全粒パンなどがよい。

 

カフェインはパーキンソン病予防にもなり、そして治療にもよいそう。1日、コーヒー2敗飲むと症状の軽減になるらしい。

 

食べ物は、私達の健康の鍵を握っています。一番いいのは、「この食べ物は何にいい、何によくない」と躍起になるより、自然で、なるだけ精米、精白、加工していない、材料も台所にあるようなもので、訳の分からない薬品が材料名にある物を食べないようにするという姿勢が楽チンです。あくまでも自然に、おいしく・・・がいいですね!

 

ソース:Treating Parkinson's Disease With Diet